「前パン愛好会」にようこそ! 

 電車といえば、やっぱり前パンがかっこいい!
 そんな皆さんに、前パンを揃えてみました。
 えっ?前パンって何??という方。
 先頭車の前側にパンタグラフがある電車の事です。
 ぜひ、前パンの魅力にはまって下さいませ♪

GM・東急8090系を作る②

赤帯を塗り終わって、組み立てに入ります。
東急の切妻車両、本当に切妻で正面と側面の境目は角っこになっています。
そこで、目に付く先頭車は、はめ合いを変えてみました。

初期の板キットは、角がとがっていない

正面パーツを見ると、厚みがあるんですよね。
その幅およそ1ミリ。
正面と側面の接合面は、角にならず側面の一部になってしまいます。

直角の板を貼り合わせることができるので、作りやすさはあります。
接着後につなぎ目をけせばいいのかもしれませんが、たかが1ミリ、されど1ミリ。
その後に発売になった101系キットと比べて見ると、

101系は、角がとがっているんです!
厚みを斜めにカットすることで、正面と側面を角ぴったりで接合することができ、
実車に近い雰囲気になります。
屋根も境目がなくなりますよね。
101系キットのあたりから、設計が大きく変わったのでしょうか。
せっかくなので、8090系もチャレンジしてみます。

それにしても、30年前に作った101系のパーツがなんで取ってあるんだって😋
キットの残りを捨ててないのは、模型鉄あるあるですね♪

正面パーツの面取り

正面窓が大きい車両のため、枠がほとんどありません。
慎重に、かつ大胆に角を面取りしてみました。

いやぁ、細すぎる!
よく折れずにここまで削りました。
削る前と比べると、違いがわかりますね。

正面だけでは組めない。側面も…

正面だけ面取りしても、組むことはできません。
側面も同じように斜めにカットしました。

お互いに45度でカットすればいいのかというと、それだと綺麗に合わないんですよね。
特に、下がすぼまったボディなので、かなりとがらせないと組み合いませんでした。
これを4両分なので、一週間作業となりました。
はぁ、しんど。

車両の箱組へ

素材が揃ったので、車両の組み立て、箱組みします。

通常は、側面と正面でL字を2つ組んでから箱にしますが、
側面と後ろをコの字に組んでから正面を接着しました。

というのも、正面と側面の接地は”面”ではなくて”線”になっています。
「のりしろ」がないんですよね。
L字にした場合、組んでからズレに気がつくと直すことができません。
左右の接着線を一度に合わす方がいいかと。
プラ系接着剤で、完全固定はしないで少しは動かせるようにしつつ、
位置を定めて流し込み接着剤で隙間をなくし、最後は瞬間接着剤で補強して組みました。

並べると、組み上げた順番がわかりますね😅
どんどんと削りに慣れて、隙間がなくなっているのが目に見えてわかります。
それでも、きれいに角ができて、側面もぴたりと収まって気持ちがいいです。

屋根も長さを調節し、隙間がなくなるように瞬間接着剤パテで埋め込みました。
これぞ、東急切妻って感じですね。
元々は1ミリの厚みですが、そのまま組まないでよかったなと。

次は、本格的に塗装にチャレンジです。
それが、大変なことになるなんて…。